競売するなら任意売却の方が
高く売れることが多いです!

住宅ローンが払えない人が増えています。

会社の破綻、転職による年収ダウン、リストラ・・・今、住宅ローンが払えない人が増えています。

住宅ローンの破綻は今後も減ることはなく、増える一方と予測されています。

住宅ローンが払えない時に銀行がとる手段の手順

住宅ローンが払えない時の手順について説明します。

まず、住宅ローンを1回でも延滞すると、住宅ローンを組んだ銀行から電話がかかってきます。そして、書面でも連絡がきます。

そして、「いついつまでに支払う」という約束をして、その日までに支払えば、1回目の延滞は「たまたま何らかの理由で延滞しちゃったのだろう」と思い、見逃してもらえます。

つまり、1回の延滞ならブラックリストに載ることはないケースが多いようです。

しかし、その後も延滞が続くようなら、銀行も黙っていません。

普通の書面ではなく、「催告状」や「督促状」という書類が届きます。

それでも、延滞が続き、住宅ローンの返済ができるという見込みがないと判断されると、今度はローン保証会社が住宅ローンの残高を一括返済することになります。

ここからはルールが変わります。まず、アナタの借り手は銀行からローン保証会社に変わるからです。

つまり、アナタは銀行に住宅ローンを返済するのではなく、ローン保証会社に返済することになります。

ローン保証会社は銀行よりも厳しいです。1回でも延滞すると、すぐに住宅を差し押さえられると思った方がいいです。

連帯保証人がいる場合、その人に全額返済の要求が出されてしまうので、迷惑がかかってしまいます。

本当に払えなくなったら、選択肢は「競売」か「任意売却」

もう、どうにもならなくなったら、マイホームを売ることを考えなくてはいけません。

マイホームを売る場合、選択肢は「競売」か「任意売却」の2つです。

競売とはオークションのことです。値段は買い手が競って決めるので、競売(オークション)にかけられてしまうと、一般的な取引価格よりも安値で落札されてしまうことが多いです。

一方、任意売却とは「住宅ローンが払えない人」と「債権者となる金融機関」などの間に「仲介者」が入り、双方が納得する価格で不動産を売却することです。

任意売却は競売より高く売れるケースが多いので、その後の生活もラクになります。

ただし、任意売却には少なくても3ヶ月ほど時間がかかりますし、金額に折り合いがつかずに売れないということもあることを知っておきましょう。だいたい10%ほどは折り合いがつかないケースが多いです。

任意売却を考える場合は、その道の専門家に相談するとスムーズに進むのでオススメです。

やばくなる前に安い家賃のところに引っ越すという手も

住宅ローンが払えなくなってしまう前に、今住んでいるマイホームを賃貸に出して、自分たちはもっと家賃が安い部屋に引っ越すという手もあります。

マイホームが家賃20万円で貸し出せたなら、自分たちは家賃10万円のところに引っ越せば、差額の10万円が手元に入ります。

その10万円を住宅ローンの返済に回すというわけです。

もちろん、賃貸に出したとしても借り手が現れないケースも考えられますし、引越費用も必要です。

ですから、かなり前もっての準備が必要になります。

引越を少しでも安くしたいなら引越し費用の一括見積りを使うといいですよ。

おすすめサイト・参照サイト